岸和田市,和泉市,泉大津市,泉北郡の無痛治療インプラントなら「別所デンタルクリニック」

無痛治療、インプラントなら忠岡駅前「別所デンタルクリニック」

南海線「忠岡」駅から徒歩1分の歯科医院

月曜~金曜日/日曜/祝日 9:00~18:00
土曜日 9:00~13:00

部分矯正治療の流れ

2016/11/17

1カウンセリング

コーディネーターが患者様の疑問を解決し、部分矯正の治療方法、期間、治療費について分かりやすく説明いたします。何でもご相談ください。

コーディネーターがカウンセリングしている様子

2検査

レントゲン撮影、口腔内の写真撮影、顔貌写真の撮影、虫歯・歯周病検査、模型の採取など、部分矯正治療に必要な検査を行います。

口腔内のレントゲン撮影をしている様子

3検査結果と治療計画の説明

検査の結果を元に、改めて患者様に適した治療計画と具体的な治療期間、治療費について説明いたします。

歯科医師がカウンセリングしている様子

4前歯を動かす治療

ワイヤーを使った矯正治療を開始します。
歯並び、かみ合わせをチェックし、クリーニングとワイヤーの調整・交換、歯磨き指導などを行います。歯の状態によってはストリッピングを行ったり、歯周病や虫歯などの治療を先に行う場合もあります。
(治療期間は3~6ヶ月、通院間隔は2~3週間に1回)

歯科医師が治療をしている様子

ストリッピングとは‥

矯正治療を行うには、歯を動かすための「スペース」が必要になります。
そのスペースが不足している場合は、歯の隣接面を0.5mmほど削って隙間を作る「ストリッピング」を行います。
歯の表面のエナメル質は削っても痛みはありません。通常の歯磨きや、かみ合わせでもエナメル質が削れる場合はあり、0.5mm程度までなら削っても歯が弱くなることはありません。

5メンテナンス

かみ合わせ、歯並び、保定装置のチェック、歯石・着色の除去や、虫歯のチェックなどを行います。動かした歯の回りの骨がしっかり固定されたら治療は終了です。
ですが、歯並びは矯正の有無にかかわらず変化します。整えた歯並びが後戻りしないよう、長期間の保定装置の使用と、定期的なメンテナンスをお勧めします。
(通院間隔は3~6ヶ月に1回)

歯科衛生士がメンテナンスをしている様子

保定装置とは‥

ブラケットとワイヤーでの治療が終わった後の移動した歯が、元の位置に戻ろうとする「後戻り」を防止するための装置です。 保定装置には、取り外しのできるタイプ(可撤式リテーナー)と、取り外しのできないタイプ(固定式リテーナー)があります。

保定装置の再製について

一番最初にお渡しする保定装置の料金は治療費に含まれていますが、紛失や破損などで修理、作り直しをする場合は下記の料金がかかります。

クリアリテーナー(可撤式) 5,000~20,000円(税別)
リンガルボンデッドリテーナー(固定式) 5,000円(税別)

-部分矯正